1/5

地方創生を担う地域活動の一端として、

四国の自然文化を研究し、

次世代の教育を行うことが

四国自然文化保全研究会の目的である。

趣意

四国では、律令時代から続く独自の伝統文化が四つの各県ともに残されており、それらが相互に影響し合い、さらに瀬戸内の海上交通に影響もあり、独自の文化圏が形成されている。また、お遍路、金毘羅さん、大山祇神社、石鎚神社などの信仰の道による交流を通じて、四国の各地が共通の価値観や宗教文化を形成している点なども括目すべき点である。一方、自然環境に関しても、中央の峻険な山地塊の裾に広がる特徴的で多様な自然風土が織りなす自然環境、そこに生息する種々の野生動物は極めて貴重な自然資源と思われる。さらに長い伝統や人々の暮らしの中で育まれた食材や食文化、特に地元で採れる特徴的な食材を活用した海産物、日本酒や味噌、鰹節などの発酵食品などは、四国、さらに日本の伝統食文化として次世代に伝える必要があると思われる。これらの四国の各地に伝わる文化伝統、特に食文化、さらに野生動物を含む自然生態系を研究し、記録し、そして次世代に伝えることは、四国のアイデンティティを育み、次世代を担う子供たちに誇りをもたらすと考える。このような地方創生を担う地域活動の一端として、四国の自然文化を研究し、次世代の教育を行うことが四国自然文化保全研究会の目的である。

組織及び担当

代表:栁井 妙子

岡山理科大学今治キャンパス

まちづくりコーディネーター

代表:栁井 妙子

岡山理科大学今治キャンパス

まちづくりコーディネーター

副代表:栁井 德磨

岡山理科大今治キャンパス教授

Contact

email: iyo.omou@gmail.com

Phone number:080-3631-9125

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now